日本の免税店で買い物を楽しもう【利用できる人の条件を紹介】

嗜好品を安く買うには

財布

空港で出来るショッピング

所得税や消費税をはじめとする税金の引き上げが進む日本において、いかに安く嗜好品を購入するかは生活を守るために重要なテーマとなっています。特に、お酒やたばこは、酒税やたばこ税といった特別税が課せられており、愛好者にとってそれらの負担は無視できない金額となっています。そこで、なるべく安くそういった嗜好品を入手したいところですが、海外旅行に行く機会がある方にお勧めなのは空港の免税店を利用するという方法です。成田空港や羽田空港、関西国際空港などの海外向けの便が理発着する日本の空港には必ずと言ってよいほど免税店が存在しており、そこでは基本的に日本の税金は課せられない仕組みとなっています。その理由は至極簡単で、出国手続きを経てゲートをくぐった後はそこは日本国内ではないという位置付けになるためです。従って、免税店は国内便では利用することができないという点に留意しておく必要があります。また、もう一つの注意点として、免税店は基本的に出国側の施設に設けられており入国時には利用する機会がないため、出国時に必要なものを購入しておく必要があります。しかしながら大量の嗜好品は出国先の税関でひっかかる可能性がありますので、事前に税金がかからずに持ち込めるものがどれくらいであるかをしっかりと確認しておくことが重要です。このような点を踏まえて免税店をうまく活用すれば、費用を抑えて嗜好品を楽しむことが可能となるはずです。

Copyright© 2018 日本の免税店で買い物を楽しもう【利用できる人の条件を紹介】 All Rights Reserved.