日本の免税店で買い物を楽しもう【利用できる人の条件を紹介】

現地で喜ばれるものを

DUTY FREE

注意点を把握しておく

日本で免税品を買う場合、空港に加えて街中にもお店が登場してきています。基本的には外国人向けなのですが、条件がそろっていれば日本人でも買うことができます。海外に六ヶ月以上滞在することや海外で使うことなどが基本的な条件です。そのため、海外使用の物品や海外にいる人への贈答品に限定されます。一般物品と消耗品に分けられ、消耗品は国内で梱包をあけると免税対象にはならないという点にも注意しなければなりません。それぞれで5000円以上買わないと免税にならないという点も注意点です。日本で免税品を買うときはまずこれらの条件を満たす必要がありますが、誰かにあげるもののときはその人のニーズに合わせて選ぶ必要があります。不特定多数の人にあげる場合は、現地でのニーズをおさえて喜ばれるものを選ぶのが大事です。日本製の家電や文房具などは作りがよく、細かで精巧な作りが特徴なので、たいていは喜ばれますが人によりほしいものは変わりうるので注意しなければなりません。また街中のお店でも免税店は増えていますが、荷物を持ち出すときは液体などは難しいといった制限もあるのでその点も注意しましょう。空港ではその点に考慮されていることが多いのですが、街中でのドラッグストアなどではそこまで思いも寄らない人も多いので常に意識しておくべきでしょう。食料品も引っかかることがありうるので注意しなければなりません。不安ならば店頭のスタッフに尋ねてみるとよいでしょう。

Copyright© 2018 日本の免税店で買い物を楽しもう【利用できる人の条件を紹介】 All Rights Reserved.