日本の免税店で買い物を楽しもう【利用できる人の条件を紹介】

TAX FREE

海外へ行く時に無税を利用

空港には免税店があって無税で商品を買えます。日本でも空港型の免税店が街の中にできており、パスポートと航空チケットを提示すれば無税で買えます。購入した商品は出国後にカウンターで受け取るようになっています。海外出張や旅行者はこのような免税店で購入すれば、個人使用のものに限っては無税になるのです。

財布

嗜好品を安く買うには

お酒やたばこなどの高額の税金がかかる嗜好品をなるべく安く手に入れるためにお勧めなのが日本国内の空港に設けられている免税店を利用する方法です。海外の出国時にしか利用することはできませんが、免税により安く購入できるため利用価値は高いと言えるでしょう。

男性

税が免除される仕組みとは

免税店は空港と市中にあり、日本国外での消費とわかる場合にのみ税金が免除されます。そのため基本的には訪日外国人が対象ですが、国外に行くことが決定している場合は免税となることもあります。沖縄県でも特別に免税されることがあります。

DUTY FREE

現地で喜ばれるものを

日本人が免税品を買うときはいくつかの条件があります。海外使用か海外にいる人への贈答品に限られるのですが、贈答品の場合はニーズをふまえて選ぶ必要があります。液体や食料品などは引っかかることがありうるので注意しましょう。

電卓

二種類の店舗がある

日本での免税店には二種類あります。関税が免除してくれる店と消費税のみを免除してくれる店です。前者は空港など限られたところにのみあるだけですが、後者は街中にもあります。また日本の免税システムは非常に手続きが簡単という特徴もあります。

外国人旅行者の買い物

女性

条件を満たすとお得に

外国人観光客の増加に伴い、日本の免税店も増えています。空港内にある売店や家電量販店で、免税店のマークを見たことがあるという人もいることでしょう。また最近では、免税手続きができるカウンターが設けられたショッピングモールもあります。日本に訪れた外国人はみんな免税を受けることができるかというと、そうではありません。例えば、入国の際に空港で自動ゲートを利用し、パスポートに入境日のスタンプが押されていない場合は、受けることができないのです。また、入国して半年が経過した人、日本で就業している人も同様です。購入金額が条件を満たしていない場合も、受けられません。日本では、同店舗で同一日に購入した商品金額が5000円以上でないと、免税の対象にはなりません。また、個人で消費する消耗品や一般物品でないと免税の対象になりません。事業用は対象外なのです。さらに、消耗品だけで5000円以上、一般物品だけで5000円以上でないと、対象になりません。消耗品と一般物品を合算して5000円以上になっても、免税は受けられないのです。もちろん、日本人が海外旅行に行った際も、免税を受けてお得に買い物をすることが可能です。ブランド物の化粧品なども、日本で買うよりも安く手に入ることがあるのです。空港内には、化粧品以外にもバッグやスカートを取り扱っているショップもあります。街中にあるお店では課税されていることもあるので、空港で買い物をした方がお得なのです。

Copyright© 2018 日本の免税店で買い物を楽しもう【利用できる人の条件を紹介】 All Rights Reserved.