患者

侮れない自律神経失調症!うつなどの精神疾患の可能性有り

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族で利用できる医療機関

医者

ホームドクターとしても活用できる内科クリニックを都筑区内で探すときには、情報サイトが役立つでしょう。CTなどの検査機器が完備している医療機関や、アレルギー疾患や漢方薬治療に取り組むクリニックを選ぶのがポイントです。

読んでみよう

女性に多い内分泌系の病気

病棟

甲状腺疾患で多いのが、甲状腺ホルモンの異常です。これは分泌量が多すぎたり少なすぎたりする場合に、不快な症状が目立ってしまうようになります。治療では甲状腺ホルモンのバランスを整えていく内容となり、これで健康的な状態が送れるようになれます。

読んでみよう

自律神経に対する考え

医者

海外での考えの違い

日本の医療機関においての自律神経失調症に対する考えと、国際的な考えには違いが生じており、自律神経失調症として診断されにくい病名である点に気を付けたい内容です。そのため、精神・心療に携わる医師によって、自律神経失調症に対する考え方や治療法が一定していないのが実情として挙げることができます。うつ病や不安症などの精神疾患が背後に潜んでいる場合もあり、中には病名をつけなければならない便宜的に自律神経系の診断名がつけられる場合も挙げられています。初期段階で適切な治療を受けていれば、慢性化は防ぐことができるために、自律神経失調症に対する正しい知識と理解を示す専門医や病院の選択が、国内のみならず海外でも重要となります。

思春期ならではの悩み

大人だけではなく、子供の間でも自律神経失調症は広がりをみせています。特に思春期は成長ホルモンの影響を受けやすく、心と体のバランスが不安定になる特徴があります。些細なことでもストレスに感じやすく、子供の自律神経失調症は一般内科などでも相談に応じてくれ、連携する精神科などを紹介してくれる利点もあります。自我が芽生える思春期には、友人関係の悩みや恋愛などの問題が大きく占めていますが、こうした心のストレスにも心理学が適用されており、心が健全であることで体にも良い影響を与えます。また、思春期にみられる起立性調節障害は朝に起きれないため、怠け者としてのイメージがついてしまいますが、体内時計をライフスタイルに合わせるための秘訣などもアドバイスしてくれるなど、薬物療法とは違う思春期向けの治療が家庭でも学校でも支障が出ないために人気を集めています。

特定疾患に指定されている

看護師

潰瘍性大腸炎の人は、食生活や日常生活を見直すことが大切です。下痢や血便などの症状がある時は、刺激物を避け飲酒や高カロリーなものは控えましょう。ストレスも悪化させる要因です。ストレスをためない工夫や生活を心がけましょう。

読んでみよう